キムチのダイエット効果とは?その驚きの痩せ方や注意点などを解説!

キムチのダイエット効果とは?その驚きの痩せ方や注意点などを解説! キムチのダイエット効果とは?その驚きの痩せ方や注意点などを解説!

あの深田恭子さんがダイエット成功したことでも話題のキムチダイエット。キムチは韓国発祥の漬物ですが、そのキムチは驚くべきダイエット効果があります。

ここでは、キムチのダイエット効果だけでなく、やり方や注意点などについて解説していきます。

キムチのダイエット効果とは?その驚きの痩せ方や注意点などを解説!

キムチのダイエット効果とは?その驚きの痩せ方や注意点などを解説!

キムチはダイエットによいといわれていますね。しかし、なぜよいといわれているのでしょうか。ここでは、脂肪燃焼作用や腸内環境の改善などの効果の高いキムチでダイエットを行う方法や注意点などについて解説していきます。是非試してみてください。

キムチのダイエット効果とは?

キムチのダイエット効果は1つではありません。ここでは、キムチに秘められた4つのダイエット効果を紹介します。

ダイエット効果① カプサイシンによる脂肪燃焼効果

キムチにはたくさんの唐辛子が使われています。その唐辛子の辛味成分であるカプサイシンにはからだの基礎代謝を高め、脂肪を燃焼させる効果があるといわれています。カプサイシンを摂取すると脂肪が燃焼しやすくなるのは、カプサイシンが脳の神経を刺激して褐色脂肪細胞の働きを良くするからです。

キムチを食べていれば運動しなくても、からだの脂肪が燃焼して減っていくということはありませんが、キムチを食べて続ければ代謝の良い痩せやすいからだが維持できるのでダイエットの大きな手助けになるでしょう。

しかも、このカプサイシンの脂肪燃焼効果は、肥満遺伝子を持っている方にも効果があります。遺伝的に肥満遺伝子を持っている方は生まれつきからだに基礎代謝が低いため太りやすいです。そうした方でもカプサイシンの多いキムチを日常的に食べるようにすると、基礎代謝が高まった状態が維持でき、体質を太りにくい体質にできるといわれています。

ダイエット効果② 乳酸菌で腸内環境の改善

キムチは発酵食品であり、キムチ1gあたり1億匹以上の乳酸菌がいると言われています。そのため、キムチを食べると、この乳酸菌が腸内環境を整えてくれてダイエットによい効果をもたらしてくれます。

乳酸菌が豊富なキムチを食べると、腸内は乳酸菌のチカラを借りた善玉菌の方が優位になっていきます。善玉菌が優位になると便通が良くなるので体内にダイエットの妨げとなる老廃物が溜まりにくくなります。

ダイエット効果③ 食物繊維による健康効果

キムチには食物繊維が豊富な白菜のほか、いろいろな野菜が使われています。白菜に豊富にある水溶性食物繊維は溶けることなく腸まで届き、腸内にある便や老廃物を巻き込んで体外に排出してくれます。

また、いろいろな野菜が使われているキムチには糖質を分解してくれるビタミンB1や脂肪を燃焼させ、血管内に脂肪が溜まりにくくしてくれるビタミンB2、たんぱく質の分解を促してくれるビタミンB6といった、ダイエット効果だけでなく健康効果も期待できるビタミンB群が満載です。

ダイエット効果④ アリシンの効果でビタミンB1の吸収アップ

キムチに使われているニラやニンニクに含まれているアリシンという成分には、野菜に含まれているビタミンB1の吸収を高めてくれる効果があります。

そのため、野菜のままでビタミンB1を摂るより、キムチでビタミンB1を摂った方が、より体内に溜まった脂肪を燃焼させることができます。さらに、このアリシンにはダイエットに期待できる効果のほかに、疲労回復効果滋養強壮効果もありますし、強い殺菌効果があるため、キムチを食べると風邪などの感染症の予防にもなります。

キムチダイエットのやり方とは?

そんなすごいダイエット効果のあるキムチを食べてダイエットをしてみたいと思う方もいることでしょう。やり方はとても簡単です!

毎食、食事のメニューにキムチを取り入れるだけ

です。基本的にはいつキムチを食べてもよいですが、よりダイエット効果を得たいという方は、キムチを一番最初に食べましょう。

そうすると、キムチの食物繊維がお腹を満たすため、食べ過ぎを防いでくれます。もし、食事の時間に余裕があれば、キムチを食べてからしばらく時間をおいて食事をすれば、より食べ過ぎを予防になります。

キムチダイエットでの注意点とは?

キムチダイエットでは毎食キムチを食べる必要がありますが、キムチは漬け物ですから大量の塩分が使われています。そのため、高血圧の方や持病があって塩分制限がある方にはキムチダイエットはおすすめできません。

健康な方でも塩分が気になる方でも塩分の取り過ぎはよくないので、塩分が気になる場合は1回の食事で食べるキムチの量を減らすか、ほかの食品で摂取する塩分を減らすなどしましょう。

また、キムチには100gあたり5~10gの糖質が含まれているので、糖尿病などで糖分を制限している方も注意が必要です。

そのほか、市販のキムチを購入してキムチダイエットする場合には、浅漬けタイプではないキムチを買いましょう。日本の会社がつくっているキムチの中には、万人向けの味にするために発酵させていない浅漬けタイプのキムチがあります。

こうしたキムチだと、カプサイシンや野菜のダイエット効果は得られますが、発酵させてないので乳酸菌がもたらしてくれるダイエット効果は得られません。キムチダイエットをするのなら、キムチを発酵させている熟成タイプのキムチを選びましょう。

まとめ

最後に、キムチにはすごいダイエット効果があるだけでなく、健康にもよいといわれています。また、美容効果も期待できますが、たくさん食べても効果はアップしません。

それどころか、食べ過ぎると逆に健康やダイエットに悪い効果が出てしまいますから気をつけましょう。

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました