カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を徹底解説!!

カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を徹底解説!!

二の腕やお腹まわり、足の太さが気になる方。あの頃のくびれや美脚を取り戻したい方に必見です!ダイエットの応援サイト「部位エット」では、体の部位ごとに最適で効果抜群なダイエット方法を紹介していきます。

カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を紹介!

ここでは、カラダの部位ごとに最適なダイエット方法について紹介していきます。それぞれのカテゴリーに分けていますので、あなたに効果的なダイエット方法を探してみてください。

『お腹痩せダイエット』の方法に関する情報まとめ

カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を紹介!

ぶよぶよの弛んだお腹が気になる方、ぽっこりお腹にコンプレックスを感じている方に必見です!ここでは、効果的に「お腹」を引き締めるためのダイエット方法を紹介しています。
お腹痩せしたい方はこちら

『二の腕痩せダイエット』の方法に関する情報まとめ

カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を紹介!

ぶよぶよの二の腕が気になる方、二の腕が太いと感じている方に必見です!ここでは、効果的に「二の腕」を引き締めるためのダイエット方法を紹介しています。
二の腕痩せしたい方はこちら

『くびれる』方法に関する情報まとめ

カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を紹介!

「ウェストにくびれをつくりたい!」という方に必見です。ここでは、ウェストのくびれにコンプレックスを抱えている方へ効果的に「くびれ」をつくるためのダイエット方法を紹介しています。
くびれる方法を知りたい方はこちら

『美脚になる』方法に関する情報まとめ

カラダの部位ごとに最適なダイエット方法を紹介!

「自分の脚に自信がない」という方に必見です。ここでは、スラッとした美脚になれる究極のダイエット方法を紹介しています。これで、あなたも簡単にスラッと美脚になれてコンプレックスを解消することができます。
美脚になる方法を知りたい方はこちら

おすすめ!その他のダイエット方法一覧

おすすめ!その他のダイエット方法一覧

ダイエット方法は大きく分けると、

  • 食事系ダイエット
  • 運動系ダイエット

の2つに分類されます。しかし、ダイエットの基本的な考え方として、

『消費カロリー > 摂取カロリー』

とならなければ、ダイエットの成果としては上がりにくいといわれています。

おすすめ!その他のダイエット方法一覧

食事系ダイエットの方法一覧

ここでは、食事系ダイエットに関する情報をまとめています。

食事系ダイエットの方法① コーヒーダイエット

コーヒーには、脂肪燃焼の促進作用や食後の血糖値上昇を抑える働きがあります。そのコーヒーの作用を活用したダイエット方法が「コーヒーダイエット」。テレビなどのメディアやSNSなどで放送され、知名度も高いダイエット方法の1つです。さらに、あの有名人も愛飲!?

>> 浜崎あゆみも成功した!?コーヒーダイエットのやり方とは? 

食事系ダイエットの方法② 緑茶コーヒーダイエット

緑茶はカロリーがゼロということで、ダイエットに効果的な飲み物として注目されています。緑茶に含まれる成分といえばカテキンやカフェインですが、どちらも脂肪燃焼効果が期待できます。気になる方はこちらからどうぞ!

>> Wの脂肪燃焼効果!緑茶コーヒーダイエットのやり方とは?

運動系ダイエットの方法一覧

ここでは、運動系ダイエットに関する情報をまとめています。

運動系ダイエットの方法① スクワット

下半身を全体的に効率よく鍛えることができる「スクワット」。大腿四頭筋や大腿二頭筋(ハムストリングス)だけでなく、大臀筋、下腿三頭筋などの筋肉をまとめて鍛えることができます。これらの筋肉は、脚やせや美尻に欠かせません。スラっとした美脚になりたい、体幹を鍛えたいと思っている方は、スクワットをおすすめします。

>> 美脚になるための筋トレでスクワットをおすすめする理由とは?

あなたに効果的なダイエット方法を見つけることが大切です!

あなたに効果的なダイエット方法を見つけることが大切です!

あなたは、「食事系」と「運動系」のどちらのダイエット方法が向いているのでしょうか。

あなたに向いているダイエット方法の診断チェック表

それでは、あなたが「食事系」、「運動系」のどちらのダイエット方法が向いているのか診断してみましょう!

下記項目に答えてください。

≪項目A≫










≪項目B≫










診断結果

診断結果を発表します。

あなたは、「項目A」と「項目B」のどちらに多くのチェックがつきましたか?

「項目A」が多かった

「項目A」が多かったという方は食事系ダイエットが向いています。

「項目B」が多かった

「項目B」が多かったという方は運動系ダイエットが向いています。

「項目A」と「項目B」が同じだった

食事系ダイエットと運動系ダイエットを組み合わせた方法で取り組みましょう。

タイトルとURLをコピーしました